私達の主食・米 3 ~安全な食べ方~



今日も美味しくご飯を食べて、食欲の秋を満喫しました。

何かと忙しい現代社会ですが、食事の支度にひと手間かけると 生活が変わります。そして体が変わります。

米を作る時、農薬散布作業を行うことは皆さんご存知だと思います。

無農薬で作っている農家の方もおられると思いますが、そういったモノを購入する場合、やはり価格と相談することになります。

365日、毎日お米を食べようと思ったら、かなり負担に感じるのが正直なところです。

では、いつものお米を可能な限り 安全に美味しく食べるためにはどうしたらよいでしょうか。

私は 「必ず水につける時間を設ける」 ようにしています。

農薬は水に溶け出すので、つけおきした水は捨ててしまいます。水を新しくして炊くのです。

忙しくても10分はつけることをオススメします。余裕があれば30分、冬場はもう少し長めにすると味もよい筈です。

個人的には、合鴨農法にも興味があります。

戦国時代(1467年・応仁の乱~)の頃から行われていたというもので、田植えの終わった田んぼに合鴨を放して、雑草や害虫を食べてもらうそうです。

先人の知恵を借りながら、日本で 自給自足できる食材・お米 を見直していきたいと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック